脱!エリートもどきの雑記帳

インプット中心の頭でっかちエリートもどきが、人生やったモン勝ち!楽しんだモン勝ち!の精神でアクションを起こし、アウトプットしていきます。

FOUNDRYの静岡県産クラウンメロンと阿寒湖酪農家のショートケーキ

6月28日にグランドオープン予定のペリエ千葉の内覧会に参加して今日はそのまま直帰。

277店舗と駅の商業空間としては非常に大きく、洗練されつつもユーザーが親しみやすい空間とテナント構成で

地元のユーザーの生活の質と満足度を高める非常に良い施設でした。

 

というわけで、今日は久々に早い時間に帰宅の途に。

横浜で途中下車し、SOGOでワインとワイングラスを物色し帰ろうと食品店街を通過しようとしたそのとき、目を奪われました。

 

FOUNDRYの「静岡県産クラウンメロンと阿寒湖酪農家のショートケーキ」

 

f:id:cosmic_mush:20180626235637j:image

 

ショーケースの時点ですでに美味しい。どう見ても美味しい。

静岡県産」というところも、静岡県人の自分にグサリ。

特段イベントも、かこつける理由もなかったが、そういう日こそプチ贅沢でQOLが高まるもの。

ということで、勢いで購入。

 

夕飯を食べ、英会話を終え、風呂に入り、とりあえずのタスクを終えたところでスイーツタイム。

 

美味い。

見た目通り、美味い。

 

メロンのさわやかな甘みと軽めの優しい甘さの生クリーム。

スポンジのしっとり感とメロンのサクっとした食感のバランス感。

期待を裏切らない、想像通りの美味しさでした。

 

なんか乙女チックだけど、何もない日常に自分なりの贅沢時間を持つって大切だなと。

紅茶とかグラスとかもこだわりたいけど、それはまたいつか。

 

 

ちなみにこのFOUNDRYというお店。

調べてみるとコンセプトがとても素敵。

http://www.foundry-karuizawa.com/brand/story/index.html

 

日本人が元来大切にしてきた「旬」をとても大切にしている。

季節のものをその季節に楽しむ。

だから季節の移り変わりが楽しくなる。

 

メロンケーキの次は何ケーキが並ぶんだろう。

楽しみがまた1つ増えました。