脱!エリートもどきの雑記帳

インプット中心の頭でっかちエリートもどきが、人生やったモン勝ち!楽しんだモン勝ち!の精神でアクションを起こし、アウトプットしていきます。

【1週目】再開発プランナー学習記録(2018/6/30-7/8)

勢いで再開発プランナーの受験を決心して1週間。

せっかくなので、今後受ける何処かの誰かの参考のために、

適度なタイミングで記録を残しておくことにしよう。

 

もちろん参考にしてもらうためには、この学習ステップで合格することが大前提になるので、そこは自分へのプレッシャーも掛けつつということで。

 

ちなみに勉強計画についてもブログに書いているのでよろしければそちらも参考に。

 

▼その時の記事はコチラ

http://cosmic-mush.hatenablog.com/entry/2018/06/28/223618

 

【1週目の教材】

 図解 市街地再開発事業(第19版)

f:id:cosmic_mush:20180709230035j:image

 

【進捗】

 1周読み切った

 

【学習内容】

・テキストを頭から精読

・わからない用語については、ネットで調べながら読み進める

・上記用語は章ごとにEvernoteに記録

 

【学習効果・メモ】

市街地再開発事業の概要が簡潔にまとめられており、実務でさらっとかじったレベルの自分にとっては全体感を把握する上で非常に役立った

・組合、個人施行についてしか記載されていおらず、その他の施行者の場合に求められる知識については未知数

・まだ過去問に目を通していないため、正直これからが勝負

 

 

まだ他の教材にも手をつけていないので、適正な評価はできないが

初学者が概要を掴む上では非常に有用な教材だと思う。

時間に余裕がある受験生はまず最初に一読するとスムーズに対策に移れるかと。

 

次のステップは、1週間で「再開発のドリル」を終えること。

結構ハードル高いな。笑

頑張ろう。

 

再開発プランナーの勉強計画を立ててみた

本日再開発プランナーの申込書を購入。

申込書で1,300円取るなんていい商売してるよな。。。

因みに明日が申込期限だからかなりの駆け込み。まずは明日しっかり申込まないと!

 

にしても、今の時代に郵便局で払込して、申込書も郵送なんて時代遅れだよな。。。

ネット申込、カード決済の方がミスもなく楽だろうに。

まぁそんなに受験者の多い資格でもないし、そのためにシステム組むとコスト回収できないのだろうか。

でもそういう試験は無数にあるだろうし、試験以外にもそういう需要は多方面であるだろうから、そういう申込・決済サービスみたいなの作ればいいのに。

まぁ普通にあるか。

 

さて、せっかくブログを始めたので勉強計画を立てて公開してみようと思う。

適宜進捗報告しつつ、試験後に合否と合わせてまとめようと思う。

いつか誰かの参考になれば。

 

◼️基本情報

【試験日】      

8月26日(日)

【勉強開始】

6月30日(土)

【事前知識】

・大学時代は都市計画を専攻(用語にアレルギーはないが、知識はほぼ抜け落ちている)

・最近関わっているプロジェクトで再開発のさわり部分を扱っている(が、知識がほぼ0に近く、先輩に勉強を兼ねて資格取得を勧められたところ)

【その他】

・8月に組織改編があり、前後は引き継ぎ等で仕事が張る可能性が非常に高い

・9月上旬に昇進試験を控えており、8月以降はそちらにも少し時間を割きたい

・海外留学のために、TOEFLの点数も欲しい(受けたことがなく、難易度不明というやばい状況)

 

 

改めてみると、なかなか厳しい状況での受験を選択してしまったな。。。

でも、来年に回したところでどんな状況になっているかわからないし、今目の前の一番楽しいと思える仕事に直結する内容だから、実際のケースと合わせて学べる最高の機会だと思う。

自分のポテンシャルを信じて頑張ってみよう。

 

◼️勉強方法

これはどの試験にも言えることだが、試験はいかに問題をこなすかが大事だと思っている。

本当に頭のいい人は参考書を読むだけで出来るようになるかもしれないけど、大抵の人は分かった気になるだけで、いざ解こうとすると解けない。

読んで内容を理解するのと、頭から引っ張り出してくるのでは全く使う力が違う。

あとは資格取得の観点に絞れば、問題をこなすことで、傾向が肌感覚で掴めるようになり、得点は向上する。

今回は資格を取ることよりも、しっかり再開発の内容を体系的に理解することが優先だが、やるからには合格したいので(高いし!)、問題を解く時間を出来るだけ取りたいと思う。

 

【参考書(予定)】

①図解市街地再開発事業

   ・・・ざっと全体像を把握するにはいいらしい

②再開発プランナー知識大全

  ・・・過去問を収録した本試験唯一の参考書らしい

③再開発事業の計画ドリル

  ・・・実技のポイントを抑えるのにいいらしい

④逐条都市再開発法

  ・・・あると便利らしい

⑤各種法例集

 ・・・自分で作るといいらしい

 

ちなみにこのYahoo!知恵袋によればです。

https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1455340579

 

(協会参考図書HP)

http://www.uraja.or.jp/book/selling/non_member.html

http://www.urca.or.jp/planner/tosho.html

 

時間も限られているので、これを信じて突き進むしかないです。

因みに参考図書がどれも高い。。。

受験料と合わせたら4万近く行きそう。

協会にむしりとられる。。。

 

◼️スケジュール

とりあえず過去問(5年分)を2周することを目標に。

前日はおさらいに当てるとして、それまでに現時点で空いている時間取れそうな休日は13日(7末のキャンプの日以外)。

お盆休みもあるけど、そこをはじめから見込むと痛い目見そうだから挽回ゾーンにしよう。

多分法令関係が多いから、復習に時間かかるとすると過去問は1日1年分が限界だろう。

 

・・・とすると、7月15日(日)から過去問に着手出来ればオンスケジュール。

ということで。

 

【勉強計画】

〜7月8日(日)  ①図解市街地再開発事業

7月9日(月)〜14日(土) ③計画ドリル ※速攻買おう

7月15日(日)〜 ②④過去問5年分を2周+適宜復習

 

スタートダッシュさえ頑張れば、なんとか行ける気がしてきた!

幸い①は先輩が貸してくれているし、すぐ着手できる。

これも含めて早く参考図書は揃えよう。

 

よし、頑張ろう。欲張りに全部取りに行こう!

 

といいつつ、今日はこのあと日本対ポーランド戦。

これは見てもいいよね???

再開発プランナーを目指してみようと思う

白熱の日本対セネガル戦明けの月曜日。

30℃超えの久々の快晴で、やや寝不足も気持ちの良い週初めを迎えた。

 

さてさて、最近仕事で再開発の勉強をしている。

会議で報告の必要があったので、昨夜から持っている本とネットを駆使して資料を作り上げた。

 

付け焼き刃ではあったものの、それなりにまとめられ議論は白熱。

会議後に社内の再開発のプロからお声がけいただき、迷っていた再開発プランナーの資格取得を勧められた。

昨日ちょっとかじっただけでもワクワクしたし、久々に仕事に直結する分野でしっかり勉強したい分野が見つかった。

 

ちょうど今週の金曜日が申込の締切。

今年のやりたいことリストにも入れてたし、1年延ばすとまたどんな状況になってるかわからないから思い切って受けてみようと思う。

 

受験料21,600円はボーナスから出しますかね…

 

とりあえずおススメ図書の「組合・個人施行のための図解 市街地再開発事業(第19版」

を買ってみよう。

 

昇進試験と海外大学院もあるけど、その気になればいくらでもいけるでしょ!

決断して前進あるのみ。